kkk

お久しぶりです。リンパの流れも更新も滞ってしまっております。大宮店でございます。

さて、携帯会社の暗躍によって「2年間縛り」という文化が定着している市場ですが、まさに上記イラストのような状態です。
たった2年で端末を替えては買って、替えては買ってという異様な有様。

欲しい端末があっても更新月でなければ諭吉1人が飛んでいくというシステムもさることながら、お気に入りの端末を使い続けたくても、2年経つと料金が跳ね上がるという鬼畜仕様。

流石のコレにはお上もびっくりだったようで、今年に入ってようやく是正が入りました(焼け石に水)。

では、いつ携帯を買い替えればいいのか……?

medical_barium_cup

ちなみに大体の方は「割賦」というシステムを使って、分割で購入しているかと思います。カップではありません。

携帯会社の言い分としては
「端末代金は毎月24回払ってもらうけど、24ヵ月間は近い値段を割り引くから実質~円だよ!」ということです。
ちなみに24ヵ月を過ぎるとこの割引は消えるので、端末代金を支払い終わったからと言って安くなるわけじゃないってことですね。

また、分割支払い中に機種変更やMNPを利用すると、この割引が新しい端末の方に適用されて、今まで使っていた端末の分割支払い料金がまるごと月々の請求に乗ってきます。
携帯をばかすか替える人の月請求料が高いのはこの為。

携帯会社的には「2年スパンで端末を買い替えると一番お得だから端末買ってね、でも途中解約は許さん」ということなのでしょう。

この点を踏まえると、携帯の買い替えは2年毎に訪れる更新月にMNPをするのが一番お得です。
機種変更ではなくMNPをするというのがミソで、機種変更の場合は特に特典もありませんが、MNPの場合はキャッシュバックや大幅な割引等があるので、大きなメリットになります。
でも、携帯会社を変えてしまうことによってキャリアメールのドメインが変わってしまったりするデメリットがあります。

さて、次回は端末を買取に出す際のチラ裏です。