おはようございます、大宮店です。

今回は、前回の予告通りに格安simのお話をしたいと思います。

格安SIMとはなんぞや?

そもそも格安SIMって何なの?という方向けの内容です。知っている方はすっ飛ばしてください。

さて、昨今テレビCM等でもよく聞くようになった格安SIMというもの、いったいどんなサービスなんでしょうか。

まずこの話をする為には、今の回線事業がどういう構造になっているのかを知る必要があります。

まず、誰もが知っているsoftbank、NTTなどのことを、MNO(移動体通信業者)といいます。

そして、格安SIMを提供しているIIJmioやmineo、当店でもお取り扱いをしているXmobile、Umobileのことを、MVNOというんです。

アルファベットにしてたった一文字しか変わらないワケですが、こいつらの違いは何かというと、自社で回線網を持っているか否かの違いなんです。

もちろん自社で回線網を持っている方が規模は大きいですし、品質は高いです。その分管理維持費が嵩むので、1回線あたりの請求額は高くなります。

MVNOの場合、回線網を自社で持っているMNOの回線を、間借りしているような状態です。ですので、回線品質はMNOに比較して各段に劣化します。

もちろん、自社で回線網を持っていない分管理維持費がかからなかったり、店舗展開を控え人件費を最小限に抑えているので、1回線あたりの請求額は破格です。

故に、格安SIMという名前がついているんですね。

MNOとMVNOどっちがいいの?

先ほどは少々MVNOの肩を持って説明をしましたが、実際のところデメリットもかなり多いのが現実です。

どうせなら安い方でいいじゃん!となりがちですが、そうは問屋が卸さないのが世の常というもの。

そもそもMVNOにメリットしかなかったら、大元のMNOが潰れて回線事業は更地になります。

さて、それではMNOとMVNOのメリット、デメリットを並べてみましょう。


○メリット
・各地域に店舗がありサポートが充実している。
・端末の支払実績が残る為、各種信用情報の参照時に有利になることがある。
・自社で回線網を維持管理しているので、回線品質が高い。
・最新で人気の端末を取り扱っており、バリエーションが豊富

○デメリット
・人件費、広告費、店舗運営費等の経費がかかっている為、請求が高くなりやすい。
・プランがわかりにくく、全容を理解しきれない(スタッフですら知らないこともザラ)。
・請求が高い。
・基本端末にはSIMロックがかかっており、乗換に制約がつきやすい
・請求が高い。


○メリット
・安い。プランによってはMNOのスタンダードプランの1/10くらいまで抑えられたりする。
・プランが簡潔でわかりやすく、変な割引や制約がない。
・会社によってはSIMフリーの端末を割賦で買えたりする。
・契約の際、信用情報の参照をされない。
・web上で契約を完結できる。

○デメリット
・あくまで”回線の間借り”なので、トラフィックが混雑すると著しく速度が低下する。
・クレジットカードがないと回線契約ができない場合がある。
・サポートがほとんどないので、自力で解決する必要がある。

といったような具合です。

それぞれ一長一短ですが、強いて言えばMVNOは玄人向けってところです。

しかし、当店には詳しいスタッフもおりますので、是非お問合せくださいませ。